カテゴリ

カテゴリ:スマートフォン

カテゴリ:
au iPhone5 サービスエリア
http://www.au.kddi.com/iphone/service/servicearea/

市区町村までエリアに入っているのに自宅でLTEにならない不幸。
県庁までバス停3つ程度の距離なのに、LTE入りません。

LTEが入らないと3Gになるわけですが、これがまた劇遅。あちこち歩いてみたら、場所によっては3Gでも下りで2Mbps程度出る場所もあるにはあります。ただ、私が普段利用する場所では二桁Kbps、よくて三桁行けば御の字で、いくらベストエフォートとはいえ、理論値とは大きく乖離しています。

簡単に言えば、PHS並みの通信速度を強いられています。

ちょっとうろうろしてみたところ、うちの数軒先くらいまではLTEの電波が来ているようです。
しかしもっとよい場所でも弁当屋の大きなガラス窓一枚隔てただけで入らなかったので、届いたところで家の中では無理でしょうね。

あのボーダフォン3Gでもこんな酷くはなかった。

既に地方切り捨てをにおわす発言が出ていますから今後に期待は持てませんが、地方住みでiPhone5を買う人は相応の覚悟が必要です。

ただ非公式ではありますが、私の自宅周りと職場周辺に於いて、ここ数か月以内にエリア改善の予定があるという話を聞いています。聞き出すまでに相応の労力を費やしましたが、それ自体口頭に過ぎませんから、もしかしたらなかったことにされるかもしれません。

そこで、それまでのつなぎとして4G LTE端末を導入してみることにしました。
2.1GHzは無理としても、800MHzまたは1.5GHzなら届くのではないかということです。SIMのサイズが異なりますからアダプタ必須ですが、利用料金に関してはそのまま使えること確認しました。ただし何かと怪しいので、もし同様なことをされる場合は念入りに確認されることお勧めします。

・・・で、Xperia VLを買ったはずが赤ロムで、Galaxy S3Progreになってしまいましたと。

AndroidならLTE入りました。ピクト表示が1~2本しか立たないのが心もとないですが、速度的には10Mbps程度は出ますから私の感覚ではもう十分です。これがiPhoneで使えるならよかったのに。


それと、所用で阿蘇熊本空港に行きまして。
熊本空港のビル2階を端から端まで歩きました。au iPhone5は3Gのまま、LTEになることはありませんでした。

熊本の玄関口である空港でLTEが入らないというのはいささか情けない。
田舎だから仕方ない、と思われるかもしれないけれど、これは早急になんとかして欲しいところ。

カテゴリ:
先日機種変更したPanasonicのP-04D、スリムなので常用端末に、とも期待しましたが。。。

動作速度はデュアルコアの1GHzですから、過度な期待はできません。
FOMA端末ですから、Xiのような高速通信はできません。
それらは別に構いません、その代り電池持ちの点でメリットがあればむしろ好都合です。

ところがタッチパネルの捜査官がなんとも按排よろしくない。いや操作感の方ですね。
ガクガクというわけではないですし、私もHT-03Aから今まで何台ものAndroid使ってきてますけども、これは・・・

具体的にはフリックして指を離す際、指を追っかけてしまうのです。たとえば上から下にずいっとスクロールさせて指を戻そうとすると、画面から指が離れた直後に、戻る指の方をめがけてスクロールしてしまいます。
これが何ともイケてない状態で、仕方ないからフリックした都度大きく指を離さないといけません。正直、指が疲れます。

保護フィルム、ケース、持ち方、、etc...のどこかにもしかしたら要因がある、のかもしれません。
解決方法がないか、もう少し探ってみましょうか。先日購入したELUGA Xがなかなかよかっただけに、余計に惜しい感じですね。

カテゴリ:
Galaxy NoteがまたOSバージョンアップされ、Android 4.1.2になった。
発売時は2.3で、それから4.0になり、今回4.1になったわけだ。

SC-05D
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/mobilephone/smartphone/SGH-N054RWNDCM

もう発売から一年以上経過しているし、次のNote2は割と早く出て、しかもNote3なんて話もちらほら聞く。
ややいまさら感はあるけれども、普通に買っていればまだ2年経たないわけで、利用者からすれば立派な現役である。

とはいえ、きちんとアップデートしてくれるのはありがたい。

国内メーカー界隈では撤退、撤退ィィィイイイイなんて話ばかり聞こえてきて、OSのアップデートなんてほったらかしに近かったり、それって半ば自業自得じゃね、といいたくもなるようなところもあるけども、やはりこのあたりの姿勢はきちんと評価しておきたい。

Galaxy Note自体はタブレットより小さく、最近サイズ拡大著しいスマホのちょっと大きいの、みたいな感じ。
持ち運びにはスマホより手間だけど、幅が広いので見た目の画面サイズにゆとりがある。手には余るけど利便性とか視認性の点で、今なお捨てがたい魅力を持っていると思う。

で、OSアップデートした感想としては、今までよりサクサクーではないけど、時折もっさりが軽減された感じ。平均速度は上がったけど最高速は控え目で、なめらか感改善。

プロセッサは今時のエントリー機にも及ばないSnapdragon S3ながら、十分な働きをしているように見える。というか、これができるなら他の同時期の端末だってやれるよね?

そんな金にならないことはしないか、それともきっちりフォローするかというメーカーの姿勢も、次の端末購入の際の参考にしたらいいと思う。でもそういうことを考えているうちに、買い替え時期を前にもう淘汰されてしまっているような気もする次第。

カテゴリ:
先日スマートフォンに機種変更するにあたり、段階定額の上限値なんてすぐだなぁと改めて再確認する機会があったので、ちょいと書いておく。

まずは各社のホームページを見比べてみよう。

docomo パケホーダイ・ダブル2
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet/pake_hodai_w2/about/index.html

au ダブル定額
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/

SoftBank パケットし放題Sなど
http://www.softbank.jp/mobile/iphone/price_plan/packet_lte/
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/smartphone/packet_lite_smart/

今見て改めて気づいたこと、以前は各社ともにかなりゆるやかな傾斜で、あまり使わなければ安く済みますよ、使った月も定額で安心ですよ、というものだった。しかし現実には「ゼロか全額かの二択」に限りなく近く、店舗での購入条件に応じた有料コンテンツを2つほどつける操作をしてもらっただけで、バケット定額の上限に到達してしまった。

実際、普通の携帯でかつiなんとかとか預かりなんとかとか外して、かつメールに気を付ければ、この傾斜でもある程度コントロールすることはできる。私の携帯電話で利用している回線も毎月のパケットはほとんど使わない。
それがスマートフォンだとただブラウザ開いて何画面か操作しているだけでのぼりつめてしまうわけだ。

だから、この中ではソフトバンクの傾斜がもっとも現実に即しているように見えた。

現在そうなっていないものをあれこれ言っても仕方ないが、パケット料金の単価はそろそろ見直してもらえないだろうか。1パケット0.2円。最大利用料7GBとして、58,720,256パケットと考えると、なんと1,174万円?これがフラットに申し込むと5.985円とかになるわけで、ざっくり1/1962ですか。

他の買い物とかでそんなに値段が変わるものなんてそうないのではないかしらと。ただし賭け事以外で。

そんな料金システムだから、使わなきゃ孫損、という考え方になる一面もあるんじゃないかしらと。
そういう意味ではもう少し妥当な線での従量制料金にすることが、ひいては通信事業者にとってもメリットになると思うのですが、とりあえずあまり使わん奴からも満額取っとけ、みたいなノリで料金徴収するあたりに、あくどさを感じてしまいます。

スマートフォンに機種変更しました

カテゴリ:
DSCN0131
docomo P-04D、ELUGAと名乗る前のモデルです。
姉妹機がdocomo Disney Mobileとして発売された機種になります。

P-04D
http://panasonic.jp/mobile/docomo/p04d/

このスマートフォンを選んだ理由は3つ。

1, 薄くて軽い
2, 月々サポートが割と多くついてくる
3, N撤退、Pも次期モデル見合わせとの噂がある

お店の人も何を好き好んでこんなの買うんだ、みたいな感じでした。
バッテリ着脱できないことやボタンの配置など懸念点を次々と述べておられましたが、私もそのあたりある程度割り切ってますから、問題ないんですけどね。

むしろmicroSDを本体内に収容できないことの方がガッカリだったり。

最近のスマホは5インチクラスの大画面、バッテリー容量も増えて大きく重くなりがちなので、薄くてコンパクトな感じはちょっといいかもです。LTE対応していないのは、仕方ないかな。ただ私としては、この回線はFOMAで留めておきたいのでむしろ好都合だったりします。

...しまった、OS2.3.5のままだった。4.0.4に上げるか、それとも今日はGalaxy Noteの方を先にやるか...

カテゴリ:
auスマートバリューのことです。
スマートバリューは指定のインターネットサービス、および電話サービスに入っていると、auスマートフォンの料金が2年間の間毎月1,480円、その後も毎月980円安くなります。

固定と電話と移動通信をセットで入れば安くなるということですね。

確かに毎月1,480円の割引はとても魅力的に感じます。
反面、固定や電話で対象外の場合、つまりフレッツや他のブロードバンド契約、または固定通信サービスに加入していない人からみれば、割引を受けられない分だけ「割高」に感じてしまう面もあります。

ただし、auは他社より端末価格が低めに設定されているように見えます。
現在スペックなどで完全に比較できる端末が少ないのですが、ハイスペックなXperia ULやHTC One Jでも6万円台半ばから後半です。ドコモのGalaxy S4あたりは8万円を超えますし、ソフトバンクは9万円します。

ちょっと細かいことを言うと、今ドコモショップでスマホを買うと頭金が1.5万円程度乗せられるので、Xperia Aで9万円程度になっていたりします。一時期ソフトバンクの頭金で話題になりましたけど、ドコモの頭金はあまり語られていないような気がします。おそらくショップでお買い換えの方は財布が厚いからさほど気にもならないのでしょう。

今や通信事業者はいずれも実質価格(実質負担金)を前面に押し出し、さも2万円~3万円程度で買えるような表記をしていますが、これもソフトバンクが割賦販売を始めた頃は非難されていたようですが、今となっては他社も似たり寄ったりということでしょう。
docomo https://www.mydocomo.com/onlineshop/home/index.html
au http://auonlineshop.kddi.com/top/CSfTop.jsp
SoftBank http://online-shop.mb.softbank.jp/

ここで困るのは2年を待たずに買い換えを迫られる場合。買い換えたり解約すると通信料の割引が消滅するので、端末価格が安い方が負担も少ないのです。そのあたりも勘案して購入を検討すると、auの価格が良心的に見えてきます。

折角ならSIMロック解除とか、MVNOとか始めていただけると、なおよいのですけどね。

現状auやソフトバンクの端末は、割安なMVNO(いわゆるイオンSIMなど)を利用する方法がないので、副次的な利用価値という点で見劣りするところがあります。このあたり広がりが出てくると、もっといろいろ楽しめるなと。

孫さんや宮川さんも文句ばかり言うより、もっとこういうところに手を広げていただけないかな。

カテゴリ:
GoogleからAndroid4.3がリリースされたので、Nexus7やGalaxy Nexusに降ってくるかと期待してますが、残念ながらまだ今のところきていません。

ならばデベロッパーサイトからダウンロードだ! ということで現在ダウンロードしてるところです。
はてインストールしている余裕はあるかしら。明日も明後日も忙しいので。。

追伸 昨夜インストールしたまま寝てしまいました。ちょっと触ったけどまだそんなに違いは??

カテゴリ:
ここんところ多忙でサボってます・・・

PanasonicのELUGA Xを買いました。 最新機種には見劣りする部分もありますが、クアッドコア、5インチフルHDの大画面、そして脱着できるバッテリー、Qi充電、前面ハードキーなどの特徴を備えた端末が割と安く二諭吉程で入手できたので。色はターコイズの方がよかったのですが、黒しか残っていませんでした。もっとも、いつもケースをつけるのだから何色でも同じだろうと言われてしまえばそれまでですが。

さすがにテレビはフルセグではなくワンセグですし、プロセッサもクアッドコアとはいえ1.5GHzどまり、そしてバッテリーも冬春モデルですから2320mAh程と最新機種の3000mAhクラスには及びません。でも、Qi(ワイヤレスチャージャー)と前面ハードキー、そしてバッテリが容易に交換できるのは大きなメリットだと思ったり。

これが実際使ってみるとこれがなかなかいい感じです。
PanasonicはP-07CとかP-01Dとか、初期の少しばかり残念な端末を使った経験があり、少しトラウマになってて敬遠してたのですが、いい意味で予想を裏切るというべきか、動作はスムーズに動くし、バッテリも持ちますし、ボタンの配置なども私にはしっくりくるようです。

この端末、デザインが少し地味なので損をしている部分が少なからずあるとも思いますが、なかなかの良機でした。これは私見に過ぎませんが、少しスッキリし過ぎてて味気ないというか、目立たないけど゛いい人みたいな。
方や先日まで使っていた国産端末は、カタログにこれでもかとばかりに書いてありましたけれども、実際にある程度長く使うならこちらの方がいいですね。

カテゴリ:
ドコモのツートップ。

テレビCMでもやってますし、ドコモのお店に行けばお勧め2機種が大きく展示されています。
まぁ、Galaxy S4とXperia Aを優先的に販売する施策ですが、予想以上というかほぼこの2機種が独占して売れているような状態。

Xperiaが80万、Galaxyが40万、その次は数万で下位機種は1万とかその程度でしたから・・・

ドコモばかりを悪くいうわけにはいきませんが、これでは下位メーカー切り捨てというか、つまり海外メーカーは置いておくとしてもNECカシオとパナソニックは「お引き取り願います」と言われているようなものですね。

ユーザーから見たらメーカーは私たちの声を聞かないんですから、もう仕方ない。
日本の端末メーカーにとって客は通信事業者、私たちは関係ないと言わんばかりに相手にしてこなかった。

端末が不具合てんこ盛りでも通信事業者に言ってくださいと自らはほっかむり、
色やデザインも通信事業者が気に入ってくれたものを、言われただけ出す。ユーザーは客ではない。

僅か数万台そこらでは金型の減価償却もままならないんじゃないかな、とも思うけど、あのドコモファミリーが討死にというか、ドコモから切り捨てられるところは見ていてちょっと悲しくもありますが、いずれにしても延命したところで時間の問題的な面はあったわけですから。

栄枯盛衰、いずれも国内の携帯で一時代を築いたメーカーではありました。しかしここ最近の端末は見るべくもない状態でしたし、特に初期のスマートフォンは出来が悪すぎたですね。時代の流れと言えばそれまでですが、auも夏モデルは4機種しか出していませんし、その中でうまく立ち回っている京セラあたりが意外としぶとい印象を受けます。

PとNはいっそ京セラからのOEMでいいんじゃないかな。かな。

Xperia SXに4.1がきたー

カテゴリ:
YtjmF「Xperia SX SO-05D」と「Xperia GX SO-04D」がAndroid 4.1に
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130702_606013.html

ということで早速ダウンロード。
・・・その前に充電しておかないと。

なんだかんだで一時間後くらいにできました。
ロック解除画面が変わったり、ステータスバーがにぎやかになった感じですね。

今のところ特に問題なく使えてますが、折角なら4.2までアップデートして欲しかったかも。

いまさらのiPhone5ですがまぁ納得

カテゴリ:

DSC00147
巷では5Sや廉価機種とされる画像がパラパラとリークされている最中。
そしてiOS7もbeta2が登場した模様。

そんな中、絶賛セール中のiPhone5を手にする私。
まだ型落ちじゃないんです一応。

もちろん目新しさはないですよね。でも4/4Sユーザーからすれば画面は大きく、そして薄く、軽くなりました。
以前は4S持ってましたが塊感はすごくよい反面、少し重く感じてしまうこともありましたからね。

しかしiPhoneもiPodも、そしてiPadもそうですが、毎度のことながらフィルム貼りにくいです。
ホームボタンのところをしっかり合わせておかないと後々押しにくいし、上下左右もしっかり合わせないと浮くんです。だからごまかせないんですね。

その分頑張った甲斐はあるというか、やったナ、と思うわけです。

ということで、とりあえずOS3種類体制(Android, iOS, WP)に戻りました。
それぞれ良し悪しありますが、私はAndroidが一番慣れているというか、自分にあってるように思います。
もしかしたら気が変わることもあるかもしれませんけども。

カテゴリ:
※個人の感想であり、効果・効能をあらわすものではありません。

通販番組の影響で、つい言ってみたくなっただけなんじゃないかと。
ただ実際のところここ数か月、もっと長いスパンで見ても毎月1GB程度しか使っていませんでした。

動画は見ない
ネトゲもしない
平日は仕事、
家では固定回線でWiFi環境

で毎日PCやスマホ弄ってますけども、その程度。
2年前あたりは月300MB切ってたと思います、今は自分なりに無駄遣いしてこの程度。

そうなると、上限値と照らし合わせるとなんだか勿体ない。
7皿のおかずがついてくるのに頑張って1皿しか食べていないということだから。
もっと皿数の少ないメニューがある飲食店で十分なのだ。
「机の脚が折れるほどのごちそう」は韓国式のもてなし方だが、日本人にはあまりなじまないのではなかろうか。

日本キャリアのスマホ利用料金、ライトユーザーに負担強いる ― 総務省発表
http://smhn.info/201306-smartphone-packet-data-plan

もう少しお手頃価格のプランができてもいいと思う。

カテゴリ:
スマートフォンのバッテリーの減りが早い原因はバグだらけのアプリ
http://gigazine.net/news/20120619-buggy-apps-killing-your-smartphone-battery/

>バッテリーの負担となるのは、ダウンロードして入手するアプリだけではなく、
>元々備わっている機能である電子メールや、Google Maps、Androidのバックアップサービス、
>そして皮肉にもバッテリーを保護する機能であるはずの「パワーマネージャ」でさえ、
>バッテリーの浪費をしているそうです。

バグだらけのアプリがバッテリを食うなら、そんなアプリは削除してしまえばいいのですが、それらは往々にして消すことができません。

一番いいのはきちんとバグを修正してくれることなのでしょうが、新製品のセールスには気合が入っていますが旧機種についてはやってくれるだけマシ、といったところです。ならば治るまでの間は代替アプリと差し替えるか、せめて消してしまえばいいのですが。。。アプリを消させてくれないキャリアの姿勢にも問題がないとは言い難いように思えます。

現在はどちらかと言えば、バッテリの容量を増やしたりして対応しているようですが、これとてコストや重量増につながります。端末代金は一層高く、そしてバッテリ容量を稼ぐためか、ユーザーがバッテリーを交換できないタイプが増えてきました。なんかエコとは反対に向かっているような。。。

カテゴリ:
hTC chachaはもう2年前の端末です。
台北駅近くのNOVA地下の店員さんですら、それなんだったっけというほど古い端末ですw

思えば金曜日の夕方、市政府駅近くの誠品書店で薄い本を物色していたのがきっかけです。
(※薄い本というのは手機STATIONというスマホ系カタログ雑誌で、99NT$)

ここのビルは上の階まで誠品書店が入っているのですが、2FにはhTCとSAMSUNGも入っています。
そして壁もないのでふらりと眺めるのにちょうどよいのです。一般的なショップだと、閉じた世界に店員さん数名。入るのに多少の勇気が要ります。まず必ず声をかけられますし、何を探しているのか聞かれて答えに窮することもあるでしょう。その点ここは敷居が少しだけ低いわけです。

そして台湾での今の端末のトレンドはどの機種だろうかとか、いろいろ考えながらガラスケースの中を見ると、数機種「特価」と書いてありまして。普通に考えたらただの古い機種に過ぎませんが、前面キーボード付き端末は希少です。でもその日は一応我慢しておいて、翌日また行く機会があったら、そして残っていたらそれは縁があったということだから買おう、と自分ルールを決めてその日は帰りました。

・・・次の日も売れ残っていたのでお迎えすることにしました。
一応購入した人のブログなど見てみましたが、やはり結構きつい(メモリが少ないなど)ようですが、多くは望まないですし、台湾の端末でしかも希少なキーボード付き端末だから、いいのです。

とはいえやはりスペック的にはキツイデスネ。。。

なんだか台湾に行く度にhTCの端末が増えている気がしますが、きっと気のせいですね。

カテゴリ:

スマートフォンeコマースセミナーの開催について

〜達人が語る!売れるサイトのしくみ〜
http://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/kyushu/page/130529_01.html

> 株式会社NTTドコモ九州支社は、2013年6月19日(水曜)に無料公開セミナーを西鉄グランドホテルにて開催いたします。

定員150名までなので申し込みはお早めに。

カテゴリ:
最近いつも悩むこと。

スマホどうしようか。バッテリーは。かばんは。そしてデジカメは。
服より機材であれこれ悩むようになったらやばいです。

週末もちょい悩みますが、旅行とかだと大いに悩みます。
何台も持ち歩くのは大変です。しかし電池切れになって使えなくなるのはもっと大変です。
初めていくところでも、ネットがつながるとそれはもう便利です。ナビで現在位置を確認し、WebやSNSで情報収集できます。それが使えないとなると、死活問題です。また、ケーブルや充電器でも悩みます。もう悩みは尽きません。

いつも最後の最後で少し減らすんですけどね。
基本は一日フルに使える程度。そして充電環境。そいや充電器がない。どうしよ。

カテゴリ:
昨日に続きまた障害だそうで。
細かくあれこれ書いても仕方ないけど、年末年始の件、iPhone5のエリア詐称の件、そして障害連発では情けないとしか言いようがないですね。

こうも続くと多くの一般ユーザーが、iPhone買うならエリアでauだと思っていたけど、ソフトバンクの方がいいんじゃないか、と思うかもしれない。いや思っている人も多いのではないだろうか。

もう次は繰り返さないという不退転の決意で障害復旧と再発防止、そして信用回復に努めてもらいたいところです。それとコールセンターの質はどうにかなりませんかね。具体的には人材と待たされている時のメロディ。いずれも少なからず印象を下げていると思うし。

カテゴリ:
ふたたびイー・モバイルを検討している。

理由は以下2つ。
1. SIMフリー端末が比較的廉価に入手できること
2. 回線維持費が安いこと

端末についてはStream X(GL07S)一択になってしまうが、月額3,880円というのはかなり魅力的に感じている。
利用可能なエリアの問題、また速度はどの程度か気になるところではあるが、これはイー・モバイルに限らないが、結局のところ買って試してみるしかないのが現状だ。

ならば安い方が痛手も少ないという考え方もあり、逆に考えると安物買いの銭失いということになるかもしれない。もっとも、高いからいいとも限らないのが怖いところではある。

カテゴリ:
昨年からのARROWS Xは非常に多機能な反面、主に消費電力や発熱などの点でやや見劣りするところがありました。

私自身、F-10D, F-02Eと使ってきましたが、同時期の他機種に比べ上記の点ではやはり厳しい見方になってしまいます。それでも新しい機種になれば相応の改良はなされているようですが、周りと比べると辛い。
F-02Eも昨年夏であればもっと高得点だったかもしれません(フルHD画面等は除くとして)が、今年発売と考えると、行きつくところはCPUの差(TegraとSnapdragon)なのかな、と。

そんなARROWSですが、まもなく発売される次のNXはCPUがSnapdragonになりました。
大画面5.2インチは人によってはやや大きすぎる感もありますが、モックを見て触った感じではさらに凝縮感もあります。バッテリーが着脱不能になる傍ら、さらなる容量アップ。そして富士通独自のヒューマンセントリックエンジン搭載。これが使い勝手にどのような影響をもたらすのか、今度のフラッグシップへの期待は高まります。

※この記事は富士通のステマではありません。


このページのトップヘ

見出し画像
×