カテゴリ

カテゴリ:スマートフォン

カテゴリ:
【悲報】ソフトバンクのiPhone 5s/5c(iOS7)にメール機能の致命的なバグ
http://suzunonejh.blog15.fc2.com/blog-entry-4123.html

iOS7アップデート後のバッテリー消費がひどい場合のもうひとつの対処法(追記あり)
http://d.hatena.ne.jp/xideon/20130925/1380119811

iPhone5をiOS7にアップデートしてからしばらく、はじめは調子よいと感じていたもののしばらくするとアプリは割と落ちるし、何より困るのは使用していない間にバッテリーが干上がってしまう現象。

通信周りか、特定アプリのバグか、もしくはOSレベルのバグか・・・原因の切り分けとか面倒だなぁと思いつつも忙しいので放置していた。

状況と符合する部分が多いので、おそらく私のもこれだと思うが、早く対応してくれないかな。

カテゴリ:
ドコモが過去最大の純減、MNPも13万の転出――9月の契約数
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20131007_618427.html

遂にドコモiPhoneを投入したにも関わらず、むしろ純減してしまったようです。しかも過去最大。
もっとも一ヶ月まるまる販売できたわけでもなく、かつ初動だけという状況ではあるが、それにしても減り過ぎだろう。

ただ、個人的にはもっと減ってもいいと思っているから、特に一喜一憂してはいない。

カテゴリ:
auショップ 東町中央
http://cs-ez2.au.kddi.com/auShopOut/Controller?COM_TO=ShopInfo.jsp&SHOP_ID=Q-00290-007

明日10時オープンです。地図でわかりますが、昔ローソンがあったところ。
どうやら尾ノ上店が移転したようです。

auショップは水前寺も京町も下通りも移転してだいぶ変わりましたね。
そろそろ情報更新しておかないと。

カテゴリ:
先日、HTC J OneことHTL22をまさかの水没させてしまいました。

今まで何年も携帯やスマホを使ってきましたが、これが初めての経験です。近頃のスマホは大きいので、ポケットからするりと落ちてしまったわけです、そして洗面台にダイブ。

急いで救出し、速やかに電源を切り、焦らずティッシュ等で周りの水分を取り除く。
そしてそっとリアカバーを開けるとその中にも水が。この時点で既に終了を覚悟することになりました。

そのまま数時間放置して自然乾燥。そしてそっと電源を入れても入らない。
ダメもとで充電器をつなぐと、充電中の画面表示が明暗を繰り返しつつ充電開始。しばらくして電源が入りました。
日付は初期値らしき状態でしたが、なんとか動作するように。そこでしばらく使ってみたらわずか数時間で電源が切れてました。

それから電池残量が目まぐるしく変化して、また充電して使って電源切れたので、もうあきらめてサポートセンターに電話。それが昨日のお昼頃の話。
不幸中の幸いか、HTL22の赤は在庫有りとのこと。あれ、限定じゃなかったかしらとは思うものの、ないと言われるよりずっと有難い。

そして今日の夜にもう端末が届きました。保険入っててよかったねと。
ところが昨日電話したあたりから、なぜかこの端末の調子がめっきり回復してしまいました。電源落ちないし。それでも内部腐食していたり、また今後悪化する可能性があるから速やかに交換しておいたほうがいいでしょうね。

ということで、大きな端末の意外な危険性でした、まる。

カテゴリ:
総務省 電波の利用ルール
http://www.tele.soumu.go.jp/j/adm/monitoring/summary/qa/index.htm

別に違法無線とか変なことをやりたいというわけではない。
現在日本国内では、この技術適合証明、いわゆる技適マークのついた携帯やスマホしか使ってはいけない。

そして個人で証明を取るなんてことは不可能だから、国内で販売されている携帯やスマホしか使えない、とほぼ同義になる。

国内の通信事業者(ドコモ、au、ソフトバンク)は揃って総務省の意向など無視して、分離プランは名ばかりの形骸化した分離プランにしてしまったし、SIMロックに至ってはドコモが前向きな姿勢を示したものの、ことiPhoneを扱うに至っては元の木阿弥、ソフトバンクやauは全くもって対応する気なしの様子。

電波に至っては不公平だの、一斗缶持ってなんとかだの言う事業者もいる始末。こんな我儘放題な事業者に少しばかりお灸を据える方法はないだろうか。

「日本の携帯料金は高すぎる」
そんなことをおっしゃっていた方もおられたように思います。方や株主総会では「過去最高益」。あれ?

スマートフォンもすっかり高くなり、今や10万円近い値付けも見られます。
一部型落ち機種を除き、軒並み高額なものばかりです。しかし、海外ではもっとリーズナブルな製品も多くあります。

たとえは古いかもしれませんが、国内ではクラウンやレクサスしか売ってもらえない。
海外ではカローラや、ヴィッツ、パッソがあるじゃないか。うちはそれで十分だ、しかしそれを使うには法律の壁があるから使えない。

Expansys Japan
http://www.expansys.jp/

毎月の利用料金もMVNO(b-mobileやiijmio等)を利用すれば、2千円程度でそこそこ使えます。これがごく普通に契約すると10万円近い端末を購入して、毎月1万円くらい払う、になってしまいます。

もっとも、お金に不自由しない生活をされているならどうぞご自由にしていただいて構いませんが、スーパーで買う食材や日用生活品、電気水道、ガソリン等に比べても大きな節約の余地がありますよ。だからこそ各社とも数千億円の利益が出て儲かった儲かったと仰ってるのです。

もちろん今でも上記MVNOを利用して、毎月の料金を安く使う方法はあります。しかし端末の入手に問題があります。白ロム(中古品)を買えばいいじゃないか、という話ですが、中古品はそもそも新品が流通しないと出てきませんし、皆が2年以上使うようになればボロボロの中古しか入手できなくなってしまいます。

貧乏人は麦を食え、ではありませんが安くしたいだけなのにお古を強いられるのも悲しいものがあります。
ところが新品を買うにも、通信事業者(MNO)以外から購入する方法は殆ど皆無に等しく、寡占化していると言ってもいいでしょう。ヴィッツがいいのにクラウンしか売ってくれない。しかも毎月の維持費は高い。それは当然、囲い込むためにわざと高い値札のものを売りつけて、毎月の料金で回収するシステムだからです。

なんか・・女郎か壺売り、或は高級羽毛布団みたいな話になってきたなぁ。

そんなわけだから、ならば技適の取得が容易になるとか、なんらかの方法で手頃な価格のスマホが買えるような仕組みを作れば、私たちは嬉しいし、いうこと聞かない大企業様も少しは懲りることになるんじゃないかと。

そうすれば、端末メーカーの意識も変わってくるでしょう、もう遅きに失した感はあるけど。


カテゴリ:
ソフトバンクからプリペイド契約で使えるスマートフォン、「プリスマ」が発売開始された。

ややもすると日本国内では、「プリペイド=犯罪」のような印象を植え付けられているところがあるが、通常契約と違って2年縛りの料金プランや、割増価格の高額な電話機の購入をしなくてすむし、「事前に払った分だけ利用できる(使い過ぎの心配がない)」という本来のメリットがないがしろにされているようだ。

海外ではごく普通に契約できる国が多いようで、私も台湾に行くときは何度も利用させてもらっている。
数日の旅行期間中、一日あたり僅か数百円の出費でパケット通信がし放題になるのは大変有難い。旅行先で調べ物をしたり、写真を撮ってSNSに上げたり、メッセージをやりとりしたり。

これが海外パケホーダイなど国内通信事業者が提供しているサービス、つまり普段使っているスマホをそのまま使うと一日あたり2,980円かかってしまう。手間いらずでそのまま使えるのは便利ではあるが、その対価としてはやや高いと感じてしまう。

国内のプリペイドがどんどん使いにくくなっているということは、海外から国内に来る観光客などの方々も使いにくいということではないだろうか。一部MVNOやMNOでデータ通信のプリペイドサービスが存在するが、あくまで日本人向けで、外国人向けとしてはb-mobileのVISITOR SIMくらいしか記憶にない。

そのようなことを日々もやもやと考えていたら、ソフトバンクから「プリスマ」というサービスが開始された。
スマホに10,000円の無料チャージがついておよそ2万円。プラス無料パケット2日間つき。2万円をポンと払わなければならないので高く感じてしまうが、通常契約の事務手数料や、2年未満で解約した場合の違約金を考えれば決して高いとも言えない金額だ。

こんな事例があるかどうかはわからないが、例えば「一ヶ月だけ使いたい」なんて時には、後から請求される心配がないし、金額的にもメリットがあるだろう。仮に通常契約してしまうと、事務手数料と一ヶ月の料金と、解約時の違約金がかかるから、端末が0円だとしても2万円程度かかるし、そんなことしたら短期解約でブラックになってしまう。余計なオプションの追加費用や、短期解約を避けるため半年契約するとか考えると、面倒だし割高になる勘定だ。

残念なのは、端末ラインアップが今一つなことと、契約解除料が値上げされてしまったこと、また今後は事務手数料がかかるようになるかもしれない、ということだ。

端末ラインアップについてはプリペイド契約は利益が少ない以上、お下がりか価格相応にならざるを得ない。通常契約なら2年間で15万円くらいは支払が発生する前提で、スマホがあの値段で買えるわけだから。安いと見せかけて毎月の料金で回収されているだけだから、その分がないことを勘案しないといけない。

契約解除料は、これはMNPを利用した購入術に利用された影響、特に某男性週刊誌あたりに記事が出たあたりからこういうことになってしまったわけだが、ソフトバンクは機を見るに敏なところがあるし、自然解約ならお金はかからないので術師以外は関係ない話ですよと。

事務手数料はどうなんでしょうね。いつの間にか「キャンペーンで無料」なんてことになってました。
願わくばこれからも無料で続けて欲しいところです。破竹の勢いで過去最高益を更新し続けているソフトバンクが、こんなところで値上げとも取れるような料金徴収をするのは、そぐわない気がします。

>ソフトバンクプリペイドサービスに新規契約される場合、別途、契約事務手数料(3,150円(税込))が必要となります。なお、ただいまキャンペーンでこの手数料を無料にしています。


カテゴリ:
いつ買うか、今でしょ!(言いたかっただけです)

話題のスマホ。なんでしょうねこの表現。
ついにドコモも話題のスマホを取り扱うようになり、ドコモ、au、ソフトバンクの3社から選べるようになった今。
だからこそ、よく考えて買うべき。既にあちこちで語られているかと思いますが、私なりの私見をば書いてみます。


まずは5sか5cのどちらにするか・・・

iPhone5s
・自慢したいなら入手困難な金、すぐ手に入れたいならグレー。傷が目立たなさそうなのはシルバー。あとはお好みで。グレーも画面が少し広く見える(周りが黒だから)という見方もあり。

iPhone5c
・auで5からの買い替えならLTEエリア拡大のメリットがあるが、性能は5に近く重量も20gも重いので、予算が許すなら5sにしたい。いっそウェアラブルに使うならもっと安く買って使い倒したい。また早ければ年末、遅くても来春には販促商材になる可能性も考えておきたい。


どの会社で買うか。。

docomo
・都市部は知らないが、地方ではネットワーク安定。
・ spモードメールをはじめとしたサービスの対応が十分でない
http://www.nttdocomo.co.jp/iphone/service/index.html

au
・iPhone5のダメダメなエリアから解放される(LTE通信の対応周波数が増えた)
・4Sから取り扱いはじめて3世代目、ようやくこなれてきた

SoftBank

・来年の900Mhz対応はまだ未知数だが、悪くなることはない
・日本でいち早く取り扱っただけのことはある


いつ買うか。。

同じ会社での買い替えなら、
docomoはサービス対応を考えて年末あたりまで待ちたい。
auは速やかに買い換えてLTEを満喫したい。しかしiPhone5の時の無慈悲な対応は忘れてはいけない。
SoftBankは4S以前からなら速やかに買い換えてしまいたい。iPhone5なら少し様子見でいいと思う。
乗り換えなら年末商戦か、月末に期待しておこう。


カテゴリ:
パナソニックモバイル、国内スマホ事業を休止
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130926_617011.html

タイトルに一部過激な表現がありました。

正確には、NECカシオもパナソニックも携帯電話はまだ残すので撤退ではありませんが、
昨今の状況を鑑みれば、かなり厳しい状態というべきかむしろ無きに等しい状況で、他記事にありましたが9割を配置換えとか・・・今後は部材も揃わなくなってくるだろうし、今さらキャリアも儲けの薄い携帯に力を入れる訳もなく、そうなるとブランド存続のため他社が生産、なんてことになっていくかもしれませんね。
さしずめドコモ向けだとLGとか。

こうして国内メーカーが消えていくのは大変寂しくもあります、また反面仕方なくもあるのかなと思ってます。
敢えて言わせてもらえば、私たち客の方を向かず、完成度の低い粗悪品を売りっぱなしではソッポ向かれてもやむなしかと。数万円の出来の悪い商品を売り、後のことはキャリア任せにしたツケが回って来たということです。

以前から、次はなくなるのではないか、みたいなことを書いていたら思ったより早く本当になってきていて驚きを隠せません。私のブログはデスブログではありませんから心配は要りませんけども。


カテゴリ:
翌20日には新型のiPhone5s,5cが発売されるが、私はしばらく買えそうにないので、取り敢えず手持ちのiPhone5をiOS7にアップデートしてみることにした。

時間にしておよそ30分くらいかかったか。何もトラブルなく、無事アップデートは終わった。
画面などは既出の通り、いろんな仕草がどことなくAndroidに似てきたね、なんてことを言ったら怒られそうだ。
このフラットデザイン、そういえばMicrosoftも最近はフラットデザインというべきかのっぺりした色遣いがお好きなようで、一時期はやたら立体感を強調していなかったと、ふとクルマのデザインが四角と丸が交互に訪れるなんて話を思い出した。

一応今日までは現行機だし、スペック的には次の5cとも変わらないからか、新しいiOS7はiPhone5でも特に苦もなく動作するようだ。何かしらイケないことをしようとか考えていなければ、新しいOSにしてしまっても特に問題ないだろう。

カテゴリ:

ソフトバンクがELTとダジャレで宣伝してみたり、ドコモはXiと呼んでいたものにLTEを併記してみたり、
このLTEというのは今までの3G、ハイスピードなどと呼ばれていたものの次の世代、いわゆる4Gとも呼ばれます。

下り最大150Mbps とか100Mbpsとか、もう光回線より速いじゃありませんかみたいな理論値ですが、実際のところ効率やらシェアすることもあり、開局直後とか利用者がいないとか好都合な条件でもそろわない限り、そんなに出ることはありません。

そのLTEですが、ちゃんと使えれば今までの3Gよりずっと快適です。
電池の減り具合は3Gより多めに減りますが、その分通信速度が早ければ待たされる時間が減るので、結果的に電池が持ったりすることもあります。

LTE - Wikipedia より
http://ja.wikipedia.org/wiki/Long_Term_Evolution

ややこしいのが対応周波数で、それぞれの通信事業者で異なり、それぞれの端末で異なります。そして周波数の数が3Gの頃に比べてかなり多い。

新しい端末は既にLTEトライバンドとかクアッドバンドといい3種類以上の周波数に対応しているのですが、古い端末だと1種類しか使えなかったりします。するとどうなるか。片側3車線の道路があるとして、左側車線しか走ってはいけないと言われているようなものです。しかも2車線や1車線のところは走行不可。走ることができないのです。

そして困るのが、通信事業者はこれらの情報を細かく開示していないことです。ドコモの場合でいうとエリアマップで確認できるのはXiエリアとXiエリア(800MHz)の二種類のみ。あとはリストで「Xi」(クロッシィ)の受信最大速度112.5Mbps/100Mbpsサービス対応エリア。それぞれ端末が対応しているか否かを確認するのは容易ではありません。昨年の夏に出たXi端末を持っていても、Xiエリア(800MHz)は使えませんし、Xiエリアの中でも800MHzがカバーしているところもあり、そういう場所では新しい機種の人は速いのに自分は遅い、ということになってしまいます。さらに地域によっては1.5GHzと1.7GHzが・・・700MHzも予定とか・・・ねぇ。

もう少しわかりやすい説明とか出してくれてもよさそうなものですが。そんなことすると不平不満を募ることになるからダメなのかな。auはiPhone5s/5cが出てからはどのようになるやらと思ったら・・・相変わらずiPhone5は6月末で放置のようですね。旧機種切り捨てか。
http://www.au.kddi.com/iphone/iphone5/service/servicearea/#result

あと3年もすれば全機種対応してエリアもベタっとなるから意識しなくてよくなると思いますが、それまではなんだかな状態になるかも。

Huaweiの5秒起動スマホ

カテゴリ:
毎度のことながら今さらなのですが、HW-01E。およそ一年前に出た華為の端末です。
私の中ではフォトパネルやルーター等を除けば、dtabに次いでこれで2台目。

DSCN0152



性能的にはデュアルコアの1.5GHz、RAM1Gなので日本国内で売られている端末群ではローエンドに近いです。またこんな物買って、Huaweiのダメ出しをしようなんてことではなくて、Xi対応機で手頃なサイズの端末が欲しかったから。それもできれば手頃な価格で。

ちょっと使ってみたけど、性能はそこそこ。持った感じは手になじみやすい。メニューキーなどが画面外にあるのはいい。アクセサリは殆どない。コスパ的にはありじゃないかなと。そういえば昨年秋の内覧会でHuaweiの方に少しお話を伺ったのを思い出しました。手に入れるまで長かったですが買いましたよと(笑

目論見では悪くなかったし、実物もやや地味ながら良い印象、しかし既に一点失敗してしました。これBand19対応してなかったですね。ということは、勤め先では残念ながらLTE使えなさそう。
docomoのエリア、改善してくれないかな。

ガラスフィルムはとても綺麗ですべすべです

カテゴリ:
iPhone5を長く大切に使うため、フィルムではなくガラスを貼りました。貼ってもらいました

今回貼っていただいたのは ITG PRO - Impossible Tempered Glass for iPhone 5という商品です。
これにPlusという上位品もあるのですが、さらに500円ほど高くなりますのであきらめました。

DSCN0153

これがまた見た目艶々で透明度も高く、触り心地がとてもヌルヌルなんです。

普通のフィルムが500円程度、保護機能を謳うものが1000円~、ガラスは3000円~くらいします。
安さなら100円ショップにもありますが、カットが今一つで淵の部分が綺麗でないのと、フィルム自体も相応かなといったところで、あまり満足できませんでした。普段は500円から1000円くらいのフィルムを自分で貼るのですが、高価なものですから失敗したら勿体ないですし、そもそも難易度が高いのです。それが商品を買えば無料で貼っていただけるとのことでしたから速攻でお願いしました。

結果、とても満足度高いです。
貼っていることを忘れそうなほどクリアで、汚れもつきにくく、ついても落ちやすい。
(ほぼ同条件で撮影しているHW-01Eの写真と比べてみるとわかります)
これ一枚でスマホを触るのがとても楽しくなりました。

カテゴリ:
新しいiPhonr5s と iPhone5c 発表されましたね。

そしていよいよドコモからも発売・・・日経の面目躍如というべきか、悲願達成というべきか、或は三度目の正直とでもいうべきか。

各社ともiPhone5cが13日予約開始というのがちょっとだけ気になってみたり。そいや今月の13日は金曜日だなぁとか。

auもエリアの広い800MHz対応しますから、今度のiPhone5s/5cは今のiPhone5みたいにLTEエリアが狭くてとても悲しい思いをしなくて済みそうです。

国内各キャリアから販売されるにあたって、上位機種の5sとの棲み分けはどうなるのでしょうか。高額割賦なら、あまり金額に差を感じないので高い方に集中しそうですし、各社対抗して早くて年末、遅くても春商戦では乗り換え0円+αなんてことになったら、それはそれでまた高い方が売れそう。

もっともこれで端末はイーブンな状態ですから、これから各社の善し悪しが明確になりますね。

できればこれを機に、少なくともSIMロック解除、よしんばSIMロックなしで販売していただけると有難い。
SIMロックなしなら各社高い販売奨励金払ってタダでiPhoneをばら撒かなくてもすみます。その分、乗り換えたら毎月の料金をいくらかでも割り引いてくれれば、利用者は快適かつ安く使えますし、通信事業者も痛みが少なかろうというものです。


カテゴリ:

日本国内では、携帯電話やスマートフォンは基本的にdocomo,au,SoftBank等の通信事業者から買うもの、となっている。

寡占化しているというべきか、サービス提供会社から機材を購入するというのは、xx電力が家電製品を売っているようなもの、というかガス屋さんがコンロやファンヒーターを売るような感じか。

このコンロを買うと毎月ガス料金がこれこれ割引になります、実質幾らですとか二年縛りで半額とか聞いたことはない。当たり前か。でも、電気、水道、ガスあたりで半額になるなら二年縛りでもいいかもね、なんて思ってみたり。

閑話休題、そんなわけでごく一部の例外を除いて通信事業者から買うわけだが、おそらくその販売方法の影響もあり、いわゆるハイエンド端末ばかりが売れる傾向にある。2年使うし折角だから高いのを、ということだろうか、それとも毎月いくらだの実質いくらだの、割引だので囲い込むからそうなってしまうのだけども。

結果、ほとんどが「大画面で高性能な端末」か「iPhone」になってしまうわけです。

難しい話とか細かいことは専門家の方にお任せするし、素人ブログの記事に細かい指摘をされても困るけど、ここまでは前フリで、直前の一行が言いたいだけだったりします。

翻って海外の端末を見ると、ハイエンドからミッドレンジ、ローエンドまでいろいろな端末があったり、中には個性的な端末があるわけです。Dual SIMとか、WP8とかもありますし。

安い端末ならそこそこのお値段で買えますし、欲しいですよね。
でも、困ったことに買うのはいいのですが、残念ながら殆どの端末は日本国内では使えません。技適通ってないので。
無法地帯のやり放題にさせろとは思いませんが、ここ、もう少しどうにかならないかな。
TPPの延長線上で法整備とか緩和とか・・・ないよね。

カテゴリ:
巷ではiPhone5S/5Cやらオリンピック開催やらで盛り上がっているのに空気読めなくてごめんなさい。

ここ数か月iPhone5を使ってて、この手頃なサイズがなかなか気に入ってます。
確かにFull HDの高精細かつ大画面もいいのですが、使用する上で少しばかり手に余ることがあります。

そしてプラスXiで利用する回線用に、大きすぎず手頃なサイズの端末を割り当てたくなった次第。
ただし利用環境の都合でLTEトライバンド対応が望ましい。それは私の利用範囲に2GHzだけではカバーできないところがあるのです。

勘案するとOptimus itかAQUOS PHONE si,または EXあたりがよさそうに見えます。
今月は決算期だし、安くなるといいんだけどな。

カテゴリ:
いよいよ「ソースは日経」なんてことも言えなくなる?

まぁ、日本では大体においてこのような情報がメディアから出てきた時、当該企業はそれらしく否定的なコメントを出すのがお約束というか、決まり事のようになっていますが。

しかしこの営業時間は怪しい。

ドコモショップ八重洲店
http://www.nttdocomo.co.jp/support/shop/search/kanto/shop.html?p=131&id=0361131351100
【営業時間変更のお知らせ】
2013年9月20日(金曜)
午前11時40分〜午後9時


福岡では西鉄グランドホテル店が11日に臨時休業だったり、天神中央店が10日午後5時閉店とか、他にも新型iPhoneに連動しているのでは?と思わせるようなところがポツポツと。

docomoからiPhoneが出るのは反対ではないですが、国内メーカーがさらに窮地に立たされそうで。
ドコモメールが無期延期になったり、機種変更の事務手数料やかなり高額な頭金も、そしてプレミアクラブが改悪されたのも、すべては事前準備だったのかしらとうがってみたり。

ただ心配なのは、これからdocomoのiPhoneを買う人って、何年もの間MNPせずdocomoに残っていた人が多いと思うわけです。アーリーマジョリティからむしろレイトマジョリティと呼ばれる方々が比重としては割と高いのではないかと。それと初期Androidでちと懲りた方々の機変組。私は、ショップの皆さん頑張ってくださいね、としか言えませんけれども。

それでも試作品か産廃レベルの欠陥品を売っていた頃に比べれば、製品そのもののクレームは少なくなるでしょうし、モノに関する苦労は減るでしょうね。

そうそう、バレットUIやSPモードメール、そしてヒツジの執事が載ったiPhoneを見てみたい気もしますが、実際のところどこまでカスタマイズされているのでしょう。docomoマーケットやdビデオ、dアニメストア、dヒッツ、そしてNOTTVとか。

とか散々書き散らしておいて、もしこれで出なかったら私お馬鹿さんですね。

カテゴリ:
iPhoneとかAndroidとかいろんな機種を使っていると、SIMカードのサイズがまちまちなので
変換するアダプター(下駄)が欲しくなります。


実際のところ、大きさだけ揃えても使えないケースが多々あったり、場合によっては料金が高額になる恐れもあるので細心の注意が必要です。また、アダプターの取り扱いを誤ると、最悪の場合端末のSIMスロットを破損してしまうこともあります(ピンを破損してしまう)。

かくいう私もやばいことになりかけたことがありました。

昔はシールで貼るタイプのアダプタを使ってました。これは使いやすいし、シールで貼っているので中のSIMが落下しないというメリットがあります。反面、シールが劣化してスロット内に張り付いたり、SIMに糊がついて除去するのが手間だったりします。

今は片面が薄くなっていて嵌め込むタイプのを使っています。この方式は糊がつかないし、剥がれにくい反面、SIMが外れやすい欠点があります。まぁどれも一長一短ありますね。

カテゴリ:
スマートフォン向けプリペイドサービス「プリスマ」、9月6日より提供開始
http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130829_03/

ソフトバンク、パケット定額対応のスマホ向けプリペイド「プリスマ」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/news/20130829_613239.html

ようやくプリペイドでデータ通信を使えそうなサービスが開始されます。
イーモバイルのデータカードや、或いはdocomoのMVNO各社を利用する方法もありましたが、これなら簡単に使えそうな雰囲気です。

端末も1万円分のチャージがついて2万円前後なら、まぁ悪くないかなと。
個人的には107SHの放射能測定機能とか気になりますし、201HWもいいですね。LUMIXはAndroid4.0以降にバージョンアップしてくれれば。これは期待しても無理なのかな。
いずれも長期的に利用するには割高ですが、短期利用を前提として考えるとちょっと面白そう。新品の端末が安く買えるチャンスでもありますし。

実際のところ、海外からの観光利用等で便利に使えるのではないかと思ってみたり。
7日間で2,835円なら、3,000円カード一枚で一週間使えるかなと。でも700MBで速度制限は厳しい。もう少し欲しい。
SIMのみ発行とか、海外SIMフリー端末での利用が可能ならですけど。ちょっと確認してみたいですね。

カテゴリ:
各社LTEの料金プラン

docomo
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/smartphone_xi.html
au
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/smartphone-lte/
SoftBank
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/

どの通信事業者も料金はあまり大差ない。
ドコモのパケホーダイ・ライトは定額料金が少し安い代わりにパケット使用量が月に3GBまでだし、基本料金が200円安い代わりにキャリア内通話定額が別料金。

auは固定回線とのセットでスマートバリューを申し込めればお得感が増すが、毎月割が少な目。ただし端末価格は少し安い。パケット定額は選択肢がない。

これに端末価格と割引(月月割、毎月割、月々サポート)の足し引きを考慮する必要がある。

ここで初めてLTEにする人が考えなければいけないポイントがあります。
各社LTEプランには、自由に使える無料通話分がつかない。いわゆるプランSやM, Lなどの選択肢がないのです。だから、ドコモからauのように他社への通話、或は固定電話への通話等は21円/30秒かかります。
不特定の人とたくさん話す人程、通話料金が割高になってしまうということです。

その昔、ソフトバンクがまだ白いホワイトプランを出した頃は批判的な意見が多く聞かれたような気がしますが、今やすっかり他社も追随してしまったようです。なぜそんなことになってしまったのでしょうか。

これを回避する方法としては、LINEや050PLUS等を利用するという方法。
またはドコモやauならば複数回線保有するという方法もあります。もう一台の携帯電話を契約して、そちらを無料通信がつくプランにする。そしてその分を「分け合い」でスマホに適用するわけです。そこまでしても通話の単価は高いままですし、基本料金も考えるとプランMやLの代替にはなりえないとは思いますが。

そろそろこのあたり手を付けるところが出てきてもよいのではないかしらと。

カテゴリ:
Evergreen Mobile
http://www.egsimcard.co.kr/JAP/index.asp

3月にうまく利用できずあえなく挫折したものの、その後のリベンジをひそかに画策しているところ。
とはいえ、昨今の日韓情勢の気まずい雰囲気の中、渡韓することを躊躇ってしまうことは否めない。
誰がやってるんだか知らないけどちょっとね・・・

そんなわけで次回に備えて情報収集。
何やらWeb上で有効期間の延長ができるらしい。6カ月6,000W、12カ月で10,000W。
一年延長しても1000円未満なら、ここは期間を延ばしておくのもよいだろう。
そうすれば新しく買うより手間が省けるし、電話番号も維持できるから。

それとサイトに記載されている内容が充実してきているようで、今までわかりにくかったところにいろいろ追記されていたり、分かり易く書き直されている。ちょっと怪しげな日本語はまだあるし、細かいことを言うならばURLの/JAP/もできれば/JPN/あたりにしていただけると喜ばしいが、それでもかなり改善されてきているのは嬉しいところだ。

海外の携帯電話(アンロック)の開通サービスのための事前登録 
http://www.egsimcard.co.kr/JAP/bbs/notice/view.asp?num=4241

これはおそらくIMEIホワイトリストの関係だろうか、詳しいことはわからないが、私も前回SIMフリー(台湾で使用実績あり)端末2台を持ち込んでうまくいかなかったので、次はスムーズに利用開始できるようにするため、事前に手続きできることはやっておこうと思う。

このページのトップヘ

見出し画像
×