カテゴリ:
先日、台湾でDesire 816を買いました。
理由は、台湾モバイルのLTEを使いたかったから。

日本国内で販売されている端末をSIMロック解除しても、BAND3とBAND28の両方を掴めるような端末は多分なかったハズ、ならば端末も現地調達に限る、という考えです。

本当はほぼ同じ予算で買える「Infocus M810」がコスパ的にも良かったのですが、そのショップには無く、かといってあちこち回る余力と時間とリスクを勘案し、別の端末にすることに。

台湾のLTEが使えて、1万NT$程度で、、、、できれば台湾メーカーがいいかな。
結果、HTC Desire 816にしました。

画面は5.5インチ、フルHDではなくてHD。プロセッサもSnapDragon 400の1.6GHz、RAMは1.5GB。
最先端のスペックさえ求めなければ、うまくバランスが取れていていい感じになってます。

HTC Desire 816
http://www.htc.com/tw/smartphones/htc-desire-816/

しかし、惜しいところも少しだけあります。

いわゆる「ファブレット」サイズなので、手帳型のフリップカバー付きのケースがよさそうなのですが、
電源ボタンもボリュームボタンも左側配置。横開きのフリップが被さってしまいます。
その点Xperia系は右側配置だからカバーが邪魔しません。と言いつつ手元のGalaxy Note3を見たら、純正フリップカバーだけどボリュームボタンは左側なので被ってました。・・・

液晶保護フィルムは、何度かお願いしている包膜屋さんに貼ってもらいました。
ケースを買う前に貼ってもらったので、とてもピッタリなのはよいのですが、TPUケースと干渉してしまいました。
台湾でケースを買う場合は試着が割と普通で、現物を開封して試着してくれます。韓国もそうだったかな。
しかし今回はあれもこれもフィルムが浮いてしまう・・orz

仕方ないので取り敢えず裸運用して、日本に帰国後にケースを追加工することにしました。まだやってないですけど。

とはいえ、全体的な満足度は高いです。ハイエンドさえ求めなければ、これで充分かなと思います。

20141029_223650