カテゴリ:
今使っているThinkPad X201i、購入から2年半が過ぎてかなりくたびれてきた。

特に一部のキートップが剥がれるのと、時折WiFiが切断されてしまうのが困っている。キートップはキーボードごと交換するという方法もあるが、WIFiの方はスイッチが誤動作しているのか、それともコネクタ類の接触不良、はてはドライバか切り分けもできていない。(やればいいのだが・・・やれてない)

Windowsも8が出て久しいし、そろそろ新しいThinkPadもいいな、と思っている。
シングルスピンドルの小型機という流れからすれば、Xシリーズを選ぶのが流れだが、今のXはあまり安くないうえ、他のシリーズもそうなのだが7段キーボードではなく、アイソレーションキーになってしまった。
既に新しいキーボードは触ったことがあるが、あまりよろしくない印象。トラックポイントのクリックボタンの感触まで含めてペタペタなのが悔やまれる。

かといってトラックポイントを選択する以上、一部例外を除きThinkPad以外には選択肢がない。
しかしトラックパッドはどうにも好きになれないし、ましてやノートPCにマウスを繋ぐなど考えたくもない。せっかくの省スペースが台無しになりますし。

ならばアイソレーションキーに慣れるしかないわけで、改めてラインアップを眺めてみると、価格的にややお手ごろ感のある機種として、ThinkPad Twistというウルトラブックがありました。

スペックの違いはあるにしても、Xが9万円台からなのに比べて7万円台からのスタートはいくぶんお手頃。
画面回転などのギミックはちょっと楽しそうです。

・・・これを書いている間もWiFiの切断と接続が数回。ただ切れて繋ぎなおされるだけならまだいいのですが、その都度確認のダイアログが画面中央に鎮座するのが困りものです。どうにかならんかな。。。