カテゴリ:
iPadやiPodがひっそりと値上げになった。

価格コムでみたら普通のショップは既に値上げ後の値段で、最安値がAppleストアになっていた。
そしてAppleストアに行こうとしたらリンク先を開けず、Appleのサイトから行ったら英語のサイトに行って当然ながらドル表記で値上げ後相当の価格。

なんだこりゃと思って再度価格コムから行ったら今度は行けて、日本円で値上げ後の価格で表示されました。

為替レート変動の影響とはいえちょっと急な気もします。
それと高くなったら次が出るまで買うのはまとう、となる人もいそうですね。

カテゴリ:
既に心は日本に非ず?な今日この頃です。
今回の台湾の目的は、美味しい小龍包・・・ではなく、旬を迎えたライチやマンゴーでもなく(勿論食べますが)。

Computex TAIPEI 2013
http://www.computextaipei.com.tw/

言わずと知れた、台北国際コンピュータ見本市です。規模はアジア最大ということで、ガジェ好きでなくとも一度は行ってみたかった。

ただし私は仕事ではなく私事で行くので、一般人。つまり最終日の6/8(土)にしか入ることができません。
そこで前日の6/7に台湾入りして、6/8は朝から見て回ろうという算段にしました。

ところがここで問題が。どこへ行ったらよいかわかりません。(恥)

台北101周辺は何度も足を運びましたし、台湾には数年前から何度か行ってます。少しくらいの位置関係はわかるのですが、何せ規模が大きく、会場が何か所もあります。TWTCやTICCは101のすぐ近くだからいいのですが、南港展覧館は距離がかなり離れています。ある程度ヤマをはらないと、全部回るのはムリそう。

とりあえず過去記事など見て予習しておきましょうかねと。

2012のレポート | ASCII
http://ascii.jp/elem/000/000/699/699295/


そしてスマホは勿論のことhTC端末で行きますよ~と。

カテゴリ:
昨日に続きまた障害だそうで。
細かくあれこれ書いても仕方ないけど、年末年始の件、iPhone5のエリア詐称の件、そして障害連発では情けないとしか言いようがないですね。

こうも続くと多くの一般ユーザーが、iPhone買うならエリアでauだと思っていたけど、ソフトバンクの方がいいんじゃないか、と思うかもしれない。いや思っている人も多いのではないだろうか。

もう次は繰り返さないという不退転の決意で障害復旧と再発防止、そして信用回復に努めてもらいたいところです。それとコールセンターの質はどうにかなりませんかね。具体的には人材と待たされている時のメロディ。いずれも少なからず印象を下げていると思うし。

カテゴリ:
ふたたびイー・モバイルを検討している。

理由は以下2つ。
1. SIMフリー端末が比較的廉価に入手できること
2. 回線維持費が安いこと

端末についてはStream X(GL07S)一択になってしまうが、月額3,880円というのはかなり魅力的に感じている。
利用可能なエリアの問題、また速度はどの程度か気になるところではあるが、これはイー・モバイルに限らないが、結局のところ買って試してみるしかないのが現状だ。

ならば安い方が痛手も少ないという考え方もあり、逆に考えると安物買いの銭失いということになるかもしれない。もっとも、高いからいいとも限らないのが怖いところではある。

カテゴリ:
昨年からのARROWS Xは非常に多機能な反面、主に消費電力や発熱などの点でやや見劣りするところがありました。

私自身、F-10D, F-02Eと使ってきましたが、同時期の他機種に比べ上記の点ではやはり厳しい見方になってしまいます。それでも新しい機種になれば相応の改良はなされているようですが、周りと比べると辛い。
F-02Eも昨年夏であればもっと高得点だったかもしれません(フルHD画面等は除くとして)が、今年発売と考えると、行きつくところはCPUの差(TegraとSnapdragon)なのかな、と。

そんなARROWSですが、まもなく発売される次のNXはCPUがSnapdragonになりました。
大画面5.2インチは人によってはやや大きすぎる感もありますが、モックを見て触った感じではさらに凝縮感もあります。バッテリーが着脱不能になる傍ら、さらなる容量アップ。そして富士通独自のヒューマンセントリックエンジン搭載。これが使い勝手にどのような影響をもたらすのか、今度のフラッグシップへの期待は高まります。

※この記事は富士通のステマではありません。


カテゴリ:
iriver ULALA5
http://product.iriver.co.kr/Product/ProductView.aspx?cid=6&itcode=399517&subcode=2

テキストがコピペできないので、簡単に翻訳できないのが難点。。。

国内のハイスペック端末ばかりみていると、スペック的には特に見るべき点は少ないですが、dual SIMでバッテリーが2個ついてるようなので、ちょっと気になりますね。

カテゴリ:
COMPUTEX TAIPEIに向けて準備を始めます。
こういうの、記事でしか見たことないので一度は行ってみたかったんです。

とはいえプライベートで行きますし格安観光なので、いろいろタイトにスケジュールして突撃ですけども。
二泊三日でミッチリ予定入れます、はい。

ちょうどライチやマンゴーが旬らしいですから、しっかり味わってきたいなと。


追記 一応ガジェクラ見習いですから、準備が大変です。来ていく服より端末で悩む...
韓国では失敗したので、今回は何かやらないと。機材はどうしようか、折角だからカメラも、と悩んどります。


 

カテゴリ:
※この記事は不適切な内容と判断し、削除しました。
http://iphonedocomoss.com/?p=79

ドコモ店員さんのブログ、記事削除されたようですね。
立場上いろいろと難しいところあるでしょうが、正直言ってあの端末はあまりに酷かったから。。。

メーカーも猛省してほしいところですが、ドコモではツートップに入れてもらえず、auからは夏モデル発表なし。
代わりというかイー・モバイルから販売されるようですが、SIMロックフリーが当然のイー・モバイルにおいてSIMロックされた状態で、しかもソフトバンク網でしか使えない端末が果たして売れるかどうか。

もっともNECもパナソニックも枕を並べて討死にに近い状態ですから、ほら言わんこっちゃないというか、キャリアに売ればあとはおしまいというような「楽勝」な商売を続け、最終顧客をないがしろにしていた罰が当たったというべきかもしれませんけれど。

個人の払うカネとしては7万、実際のところ通信費も必要なので20万近い買い物なんだということをきちんと理解して製品を作っていれば、そんなことにはならなかったのではないかと思います。

いっそNECとパナソニックは製造を半ばあきらめ、富士通が両社に端末を供給し、NECは主にコラボとG、パナソニックはソフトの作りこみや着せ替えなどでアピールすればよいのではないでしょうか。おそらく今の台数規模ではスケールメリットも生かせず、機種ごとに金型や基板から起こしていてはコスト的にも割が合わないでしょう。

そうして基本パッケージは一年くらい使えるものを作り、その派生モデルとしてバリエーション展開も図る。
しっかり作りこんで完成度は高く、かつ選択肢も用意できると。

カテゴリ:

クアッドコアCPU、フルHD高精細画面、大容量バッテリー、高速通信、、、
スマートフォンも性能的には数年前のノートPCをも凌駕するようになってきました。

しかし皆おしなべて似たような端末になってしまいました。
画面は大きく、薄く、その中で小さく、とすれば、デザインの差異をつける部分はなくなっていきます。
贅沢な悩みですが、よくなったけどつまらない。それとメーカー間の差も少ないってことは、別のメーカーでもいいやってことにもつながります。

MEDIAS Wは変わり種でしたが、それに続く端末が出てくるか。キーボード付きは日本では流行らないのか。折り畳みは。...etc


カテゴリ:
iPhone 5のLTEカバー率誤表示でKDDIに措置命令 消費者庁 「96%」、実際は14%
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1305/21/news086.html

消費者庁のニュースリリース
http://www.caa.go.jp/representation/pdf/130521premiums.pdf
KDDIのニュースリリース
http://www.kddi.com/corporate/news_release/pdf/20130521.pdf

私が実害にあったわけではないので、あれこれ言うのは筋違いかもしれないが、なんとも情けない限り。
あと再発防止策は正直言ってヌル過ぎると思う。

あの時期の宣伝広告がミスリードを誘っていたのは事実だし、主力機種でそういう売り方をしていて数か月も知りませんでしたなんて言う方がおかしい。実際のところiPhone5をそれなりの台数売らないといけないからうやむやにして売っちゃったんじゃなかろうかと。

カテゴリ:
次回台湾に行くときのための覚書としてメモ。


台湾Nokiaのページ
http://www.nokia.com/tw-zh/retail-stores/

Nokia 行動電話館
ATT4FUN店    台北市信義區松壽路 12 號 1 樓    (02) 7737-8959

大きな地図で見る
ATT4FUN(5Fに大戸屋や道頓堀が入っている) MRT市政府駅から101の方へ
http://www.att4fun.com.tw/#/home

板橋大遠百店    新北市板橋區新站路 28 號 8 樓    (02) 2953-1995

台中大遠百店    台中市西屯區中港路二段 105 號 9 樓    (04) 2252-2400

高雄三多店    高雄市前鎮區三多三路199號    (07) 334-8000

大きな地図で見る
MRT三多駅から高雄SOGOと新光三越を過ぎて、第一商業銀行の手前。

Nokia 行動體驗特約店(台北のみ記載)

美成通訊

台北市中山區遼寧街 236 號 1 樓

(02) 2518-3118

森田通訊

台北市中山區長春路 146 號

(02) 2522-2888

紅鬍子通訊

台北市中山區八路二段 60 號

(02) 2752-1789

大志忠孝店

台北市中正區忠孝東路二段 62 號 1 樓

(02) 2351-4785

台倫通訊

台北市萬華區西寧南路 36 號 103 室

(02) 2388-0200

大安和平通訊

台北市大安區和平東路二段 157-1 號

(02) 2325-0935

大安通達通訊

台北市大安區忠孝東路四段 49 巷 4 弄 4 號

(02) 8771-5959

カテゴリ:

先週購入したHTL21(HTC J buttrfly)。
はたしてau 4G LTEの実力はいかに?そしてFHD(フルHD)画面、Quad coreの性能と電池持ちなど気になるところありました。

まず4G LTEですが、私の行動範囲で感じたのは割と広いな、ということ。
ただし、なんだか薄い。アンテナピクトが1本や0本で辛うじてつながっている状態なところが多いです。だから時々3Gに落ちてしまう。LTEの時は快適に通信できますが、3Gだとガックリ遅くなってしまいます。

対するdocomo Xi(LTE)は先月あたりから速度改善等行われてきたようで、一時よりよくなってきました。年末くらいからは場所や時間によってはかなり速度低下していただけに、これはありがたい。だけど自宅で3Gに落ちるようになってしまいました。場所によってはエリアが縮んでいるのでしょうか。

端末自体はなかなか宜しいです。最近購入した近いスペックの端末であるARROWS X(F-02E)と比較すると電池容量も劣りますがこちらの方が持ちます。画面下のメニューキー等が画面外にあり、ソフトキー表示でないのもいいですね。画面も輝度はF-02Eの方が上ですが、コントラストや色乗りはこちらが好みです。

電源ボタンが上にあるのはHTC端末の常かもしれませんが、端末が大き過ぎて指が届きにくいのは惜しいところ。あと、せっかくのフルHD画面も大きくて精細で綺麗なだけになってしまっているのは、使いこなしの問題か或いはメーカーの怠慢か。それでも薄くて軽くて動作速度やメモリ容量なども古い機種と比べて余裕があります。カメラも速いし綺麗です。

2年前くらいの端末と比べると、激しいまでの進化を感じます。この端末がほぼ無料(ただし機種変更は約6万円)で販売されているのは驚きでもあります。

カテゴリ:
http://docomo980.com/?mid=151

docomoの海外パケ・ホーダイが980円で使える?というキャンペーンが実施されていたので、試しに申し込んでみた。具体的には980円を超えた分をドコモポイントで還元するということ。

期間は6月末までと、7月から9月末までの2つ。

・事前に申し込み、かつ抽選で当選する必要がある
・海外パケ・ホーダイの料金が安くなるわけではない
・付与されるポイントは(期間中)最大4,000ポイントまで

試みとしてはよく頑張っていると思うし、既存のシステムとの兼ね合いがあるからこのような仕組みになったのだろう。しかし、、、いかんせん※が多過ぎるのが難点。これは通信事業者全般に言えることなのだが、どうにも紛らわしいところが多くていけない。ともすれば射幸心に働きかけるような表記になりがちな部分は、もう少し控えた方がいいと思う。もっとも、皆さん2,980円を2,780円にします、なんてしたところでちっともインパクトはないわけで、その辺致し方ない部分はあるだろう。

とはいえ、うまく利用すればポイントで還元してもらえるので、海外渡航時の通信費削減や、現地SIMやルーター利用時の保険として抑えておくのもいい。

またdocomoの場合は、"「海外パケ・ホーダイ」対象国・地域なら通信事業者の設定が不要"という大きな安心感がある。接続する通信事業者が限定されていると、手動設定にして都度確認しないと「青天井」のリスクがあるからおちおち使えない。auも確認したところ、近隣諸国等は全事業者のところがあるようです。

全事業者でOKというのは海外利用時の大きな安心感に繋がるので、先鞭をつけたソフトバンクにも追随して貰いたいところではありますが、SIMロック解除の需要がないという割には海外パケ定の方も見劣りするというのは至極残念。是非「海外渡航時全事業者カバー率」という指標を掲げて邁進して貰いたい。

カテゴリ:
新製品発表会
http://www.nttdocomo.co.jp/product/2013_summer_feature/

直前に資料ダダ漏れでなんだかな、、、です。
私のところでまで引用するつもりはないし、どうせあと半日しないうちに正式発表がありますから。。。

以前はauがよく漏れていた印象ですが、ドコモも誰が漏らしたのか、おそらく場末のとある代理店あたりでしょうが。見たい気持ちもありますが、モロに出てくるとさすがに興ざめしてしまいますね。こういうのはもう少し引き締めた方がいいんではないでしょうか。

蝶々がやってきた

カテゴリ:
DSC00072
巷ではS4が話題ですが、国内ではまだ発売されていません。
既にdocomo版の写真などもリークされていたり、早い方は海外版を手にしてあれこれ試されている様子。

ならばそろそろ私もFHD、Quad Coreの恩恵に預かりたい。
否、ARROWS X(F-02E)はどうなったのかと。やはりTEGRAは別腹だろう(謎)と。そう考えておりましたら、HTC J batterfly(HTL21)がお安くなりましたので、お招きすることにしました。

※背面写真はIMEIシールが写りこんだためカット(恥


DSC00074
お気に入り「レイ・アウト」のケースセット。ケースの精度も高いし、フィルムが2枚ついてくるので結局はお買い得。
惜しいのはフィルムのセンサー部分のカットがややゴチャゴチャしているのと、湾曲ガラスの機種向けはかなり小さめにカットされていることかな。
センサー部分は誤動作を嫌ってのことだと思うし、湾曲ガラスは個体差もあるからあまり大きくすると周囲が浮きまくって使えない。ただ、レイ・アウトとラスタバナナにはもう少し頑張ってほしいかな。(他メーカーに劣るという意味ではなく、期待値という意味で)



DSC00076
ささっと貼って、ケースも装着。画面綺麗。明度は最大輝度ではF-02Eに負けた。でもソフトキーが無い分画面が広い。電源ボタン遠いからボリュームキーあたりでスリープ復帰してくれると嬉しかった。

micro USB端子のカバーが取れそうで怖い。しかし卓ホルはオンラインで在庫なし。もげる前になんとかしたい。

使い心地は至って快適。ただ贅沢ながらさすがに本体が大き過ぎるので、場所によっては小型な端末と使い分けたいですね。LTEは今のところ自宅と外出先数か所でエリア内に入ってました。速度はおおむね良好ですが、結構ばらつく感じもあり、もう少しあちこちで見てみたいところです。




このページのトップヘ

見出し画像
×