カテゴリ:
Evergreen Mobile
http://www.egsimcard.co.kr/JAP/index.asp

3月にうまく利用できずあえなく挫折したものの、その後のリベンジをひそかに画策しているところ。
とはいえ、昨今の日韓情勢の気まずい雰囲気の中、渡韓することを躊躇ってしまうことは否めない。
誰がやってるんだか知らないけどちょっとね・・・

そんなわけで次回に備えて情報収集。
何やらWeb上で有効期間の延長ができるらしい。6カ月6,000W、12カ月で10,000W。
一年延長しても1000円未満なら、ここは期間を延ばしておくのもよいだろう。
そうすれば新しく買うより手間が省けるし、電話番号も維持できるから。

それとサイトに記載されている内容が充実してきているようで、今までわかりにくかったところにいろいろ追記されていたり、分かり易く書き直されている。ちょっと怪しげな日本語はまだあるし、細かいことを言うならばURLの/JAP/もできれば/JPN/あたりにしていただけると喜ばしいが、それでもかなり改善されてきているのは嬉しいところだ。

海外の携帯電話(アンロック)の開通サービスのための事前登録 
http://www.egsimcard.co.kr/JAP/bbs/notice/view.asp?num=4241

これはおそらくIMEIホワイトリストの関係だろうか、詳しいことはわからないが、私も前回SIMフリー(台湾で使用実績あり)端末2台を持ち込んでうまくいかなかったので、次はスムーズに利用開始できるようにするため、事前に手続きできることはやっておこうと思う。

カテゴリ:
au iPhone5 サービスエリア
http://www.au.kddi.com/iphone/service/servicearea/

市区町村までエリアに入っているのに自宅でLTEにならない不幸。
県庁までバス停3つ程度の距離なのに、LTE入りません。

LTEが入らないと3Gになるわけですが、これがまた劇遅。あちこち歩いてみたら、場所によっては3Gでも下りで2Mbps程度出る場所もあるにはあります。ただ、私が普段利用する場所では二桁Kbps、よくて三桁行けば御の字で、いくらベストエフォートとはいえ、理論値とは大きく乖離しています。

簡単に言えば、PHS並みの通信速度を強いられています。

ちょっとうろうろしてみたところ、うちの数軒先くらいまではLTEの電波が来ているようです。
しかしもっとよい場所でも弁当屋の大きなガラス窓一枚隔てただけで入らなかったので、届いたところで家の中では無理でしょうね。

あのボーダフォン3Gでもこんな酷くはなかった。

既に地方切り捨てをにおわす発言が出ていますから今後に期待は持てませんが、地方住みでiPhone5を買う人は相応の覚悟が必要です。

ただ非公式ではありますが、私の自宅周りと職場周辺に於いて、ここ数か月以内にエリア改善の予定があるという話を聞いています。聞き出すまでに相応の労力を費やしましたが、それ自体口頭に過ぎませんから、もしかしたらなかったことにされるかもしれません。

そこで、それまでのつなぎとして4G LTE端末を導入してみることにしました。
2.1GHzは無理としても、800MHzまたは1.5GHzなら届くのではないかということです。SIMのサイズが異なりますからアダプタ必須ですが、利用料金に関してはそのまま使えること確認しました。ただし何かと怪しいので、もし同様なことをされる場合は念入りに確認されることお勧めします。

・・・で、Xperia VLを買ったはずが赤ロムで、Galaxy S3Progreになってしまいましたと。

AndroidならLTE入りました。ピクト表示が1~2本しか立たないのが心もとないですが、速度的には10Mbps程度は出ますから私の感覚ではもう十分です。これがiPhoneで使えるならよかったのに。


それと、所用で阿蘇熊本空港に行きまして。
熊本空港のビル2階を端から端まで歩きました。au iPhone5は3Gのまま、LTEになることはありませんでした。

熊本の玄関口である空港でLTEが入らないというのはいささか情けない。
田舎だから仕方ない、と思われるかもしれないけれど、これは早急になんとかして欲しいところ。

カテゴリ:
私、しばらく10インチクラスのタブレットを持ってませんでした。
たとえばXperia Tablet Zの場合、オンラインショップ価格で82,320円。
おいそれとは買いにくいお値段なので、なかなか手を出しづらかったというのもあります。

ところが今、お手頃価格で入手可能なタブレットがある。それがdocomo dtabだ。
キャンペーン価格で9,975円。安い。
これはdocomoのdマーケット、dビデオ、dアニメ、dヒッツなどのいわば販促グッズなので、本体価格が安く設定されている。また、キャンペーン価格で購入するには最低7か月dビデオに加入する必要がある。

性能的にはさほど目を見張るものはないが、それでも最低限+αのスペックは備えているので、同程度の価格で買うならこちらを買った方がお得感は高いでしょう。

docomo dtab
https://www.mydocomo.com/onlineshop/products/TABLET/dtab.html

本来なら発売直後に買えばよかったのだけど、dビデオ見ないかな、、、などという理由で買ってませんでした。
それがいまさらなぜ、買ったのかと。

1. 見逃したアニメがオンデマンド配信でほぼいつでも見られる
2. 量販店で機変するとdナントカが付帯条件についてくる

たとえば「進撃の巨人」とか、「とある科学の超電磁砲S」などがいつでも好きな時間に見られる利便性。しかもdtabはWiFi接続なので、パケット使用料制限を気にせず高画質で見られます。
それと機種変更の際に値段を安くして貰う代わり、dビデオやdアニメをつけさせられたりするわけです。値引きと引き換えとは言え、せっかく契約したのに使わないのも勿体ない、しかもdtabが安く買えるなら、パケットの節約にもなるし合理的だから買っちゃえ、と。(向こうの思う壺になっている気がしないでもない)

dアニメストア
http://docomo-animestore.jp/

しかも、dビデオやdアニメをあまり使わない人でも、らくらくスマホやジュニスマと違いGoogle Playが使えますからAndroidアプリをダウンロードして好きなようにカスタマイズして使えます。また、バッテリーも6020mAhと十分、本体ストレージが8GBしかないけれどmicroSDが使えるので補うことができます。

ちょっと残念なのはクレードルのようなもので充電できないこと。左側面のmircoUSB端子からの充電になります。一部メーカーの専用端子よりは使い易いですが、毎度のケーブル抜き差しには少し気を使います。
あとこれは贅沢な悩みかもしれませんが、本体が安すぎて、ケースや保護フィルムが高く感じてしまうことです。
保護フィルムだけでも2千円近くするので、これ5枚買ったらもう一台買えるなと考えると、二の足を踏んでしまいます。

それと余談ですが、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」アニメ第2期最終エピソードの第14話〜最終回16話は入会不要、無料配信となってます。9月1日(日)13:00までの配信となりますので、お見逃しなく!

カテゴリ:
先立つものはないけれど、そろそろクルマをなんてこと考えている。

理由は単純、消費税増税前がトクか?

増税されたらその税金分は確実に高くなるわけで、ならばその前に買った方がトク、となる。
しかし、いろんな記事を見ていると、必ずしもそうではないということが書いてあったりもするのだ。だから余計に悩ましい。

それに、待てばより新しい技術で低燃費、の可能性も高い。
カタログ値とはいえ、今やリッター30kmなんてのが続出しているのに、どこまでいくのだろう。
また安全技術の向上にも期待できる。ぶつからないクルマ、それと万一の時の安全性は大事。
つい先日の高速道路での追突事故、キャビンが激しく潰れてました。もっともそれ以外でもそういうケースは散見されますけど、安全に越したことはないです。

総合的に考えると、やたら急ぐのも考え物かもしれない。一度クルマとよく相談してみよう。

カテゴリ:
今使っているThinkPad X201iがそろそろ3年過ぎ、あちこちやれてきた。
一番深刻なのは、無線接続がいきなり切断/接続を繰り返す症状。それがただ切断されるだけならまだしも、
その度に確認のダイアログが画面中央に表示されてしまうのは正直かなり辛い。

修理費用と効果を考えると、少しばかり悩ましいころ愛ということもあり、またWindows8や各社最新モデルの動向も見ておいた方がいいかなと、富士通FMV、東芝dynabook、SONY VAIO、あたりも視野に入れつつ悶々としてる。

実のところ言うとVAIO Duoがいいな、と思っていたけど、あの光学ポインタは操作が難しいかもしれない。既にDuo13はタッチパッドに改められているし、SONY内でもなにか考えがあったのだろうか。

富士通の高精細画面も惹かれる。何しろスマートフォンでさえフルHD画面を搭載している昨今、パソコンの方が解像度が低いではなんだかなである。しかし高精細は処理速度の低下や画面の明るさで不利だったりもする。
それにまずコストがかかるはず。

dynabookはウルトラブックのあの変則的なヒンジに興味津々、分離する方はヒンジ剛性だけでなく重心バランスにしわよせがきそうなのでちょっと。NECのLifetouch Noteは広げるとひっくり返るし。

てなことをつらつら考えつつ、やはりThinkPadかなと思うんですけど、最近なんだかそれらしくない部分が増えてきたのが少しばかり気がかり。手ごろ感ではtwistなんかよさそうだけど、物足りなくなるかな。とにるとX1 carbonかなとか。


カテゴリ:
諸般の事情で家の固定回線をBBIQにしました。

工事は少し手間取りましたが、なんとか解決。
元々の施工業者さんがやっちゃっていたのか、配管の一部に支障がありましたが、なんとか通してもらえました。これを機に、電話もひかりに変更。

WiFiや追加分は自分で設置。配線や置き場所等のこともあるので、これはついでみたいなものですね。
今まで使っていたルーターを付け替えて設置完了、とこれが先月半ばのことでした。

通信速度は・・・かなり快適になりました。
悪くなってはいないのですが、理論値との乖離は広がったかな。これは仕方ない。
契約期間は長いけど、コストパフォーマンスと満足度は高いと思います。



そういうことで早速ルーター買いました

カテゴリ:
DSCN0140
ルーター買いました。
家電量販店に寄ったら、赤札がついてたのでこれにしました。
バッファローのWZR-600DHP2です。

本当はNECを狙っていたのですが、ちょうどいいのがなくて、これでいいかなという感じで。

ちゃっちゃと繋ぎかえて、設定してネット接続確認。
最初はなぜかやたら遅かったのですが、ファームを更新したら普通の速度になりました。

今、スマホなどの設定入れ替え中。台数が多いと結構面倒・・・普通の人はそんなことする必要ないんだよね。

DSCN0142
箱の中身・・・
槍のようなアンテナがない分だけ、筐体が大きいです。

まぁあの威嚇効果のありそうなアンテナも、電波が届くなら必要ないですけどね。できることなら要らない。
今回、モデムの設置場所を家の中心に移動しましたので、多少弱くても届くようになったかな、なんて思ってます。

今のところでいえば、11aの方はちょっと弱い感じかも。
もしかして中継器入れた方がいいですかね。むむむ。



カテゴリ:
現在使っていた、LogitecのWiFiルーター、LAN-WH300AN/DGRがついに壊れてしまいました。
プロバイダをBBIQに替えて半月、しばらく前から不調な感じはしていたけど遂にというべきか。

我が家に初めてWiFiルーターを買ったのは、当時は無線LANといった方が正しいかな、まだ802.11bの頃でした。それから11a, 11g、11n,と新しいのを追い求めるわけでなくとも数年ごとに調子が悪くなったりで買い換え。

過去記事確認したら、2011年の3月ですね。
およそ2年半はよくもったとみるのが正しいのか、それとも短命とみるべきか。その前が2008年ですから、3年弱で壊れていく物みたいですね。

仕方なく、旅行用のMZK-MF300Nを引っ張り出して接続。
これも買ったはいいけど今時有線LANしか無いホテルも少なく、または自前の通信を確保していたりで殆ど出番がありません。何しろ接続パスワード忘れてるし。

さて次はどこの製品にするべきか。むやみに高性能なものを買ってもPCやスマホが対応していないと宝の持ち腐れになってしまいます。どうせなら少しばかり耐久性の高いものがいいですね。

カテゴリ:
先日機種変更したPanasonicのP-04D、スリムなので常用端末に、とも期待しましたが。。。

動作速度はデュアルコアの1GHzですから、過度な期待はできません。
FOMA端末ですから、Xiのような高速通信はできません。
それらは別に構いません、その代り電池持ちの点でメリットがあればむしろ好都合です。

ところがタッチパネルの捜査官がなんとも按排よろしくない。いや操作感の方ですね。
ガクガクというわけではないですし、私もHT-03Aから今まで何台ものAndroid使ってきてますけども、これは・・・

具体的にはフリックして指を離す際、指を追っかけてしまうのです。たとえば上から下にずいっとスクロールさせて指を戻そうとすると、画面から指が離れた直後に、戻る指の方をめがけてスクロールしてしまいます。
これが何ともイケてない状態で、仕方ないからフリックした都度大きく指を離さないといけません。正直、指が疲れます。

保護フィルム、ケース、持ち方、、etc...のどこかにもしかしたら要因がある、のかもしれません。
解決方法がないか、もう少し探ってみましょうか。先日購入したELUGA Xがなかなかよかっただけに、余計に惜しい感じですね。

カテゴリ:
Galaxy NoteがまたOSバージョンアップされ、Android 4.1.2になった。
発売時は2.3で、それから4.0になり、今回4.1になったわけだ。

SC-05D
http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/mobilephone/smartphone/SGH-N054RWNDCM

もう発売から一年以上経過しているし、次のNote2は割と早く出て、しかもNote3なんて話もちらほら聞く。
ややいまさら感はあるけれども、普通に買っていればまだ2年経たないわけで、利用者からすれば立派な現役である。

とはいえ、きちんとアップデートしてくれるのはありがたい。

国内メーカー界隈では撤退、撤退ィィィイイイイなんて話ばかり聞こえてきて、OSのアップデートなんてほったらかしに近かったり、それって半ば自業自得じゃね、といいたくもなるようなところもあるけども、やはりこのあたりの姿勢はきちんと評価しておきたい。

Galaxy Note自体はタブレットより小さく、最近サイズ拡大著しいスマホのちょっと大きいの、みたいな感じ。
持ち運びにはスマホより手間だけど、幅が広いので見た目の画面サイズにゆとりがある。手には余るけど利便性とか視認性の点で、今なお捨てがたい魅力を持っていると思う。

で、OSアップデートした感想としては、今までよりサクサクーではないけど、時折もっさりが軽減された感じ。平均速度は上がったけど最高速は控え目で、なめらか感改善。

プロセッサは今時のエントリー機にも及ばないSnapdragon S3ながら、十分な働きをしているように見える。というか、これができるなら他の同時期の端末だってやれるよね?

そんな金にならないことはしないか、それともきっちりフォローするかというメーカーの姿勢も、次の端末購入の際の参考にしたらいいと思う。でもそういうことを考えているうちに、買い替え時期を前にもう淘汰されてしまっているような気もする次第。

カテゴリ:
先日スマートフォンに機種変更するにあたり、段階定額の上限値なんてすぐだなぁと改めて再確認する機会があったので、ちょいと書いておく。

まずは各社のホームページを見比べてみよう。

docomo パケホーダイ・ダブル2
http://www.nttdocomo.co.jp/charge/packet/pake_hodai_w2/about/index.html

au ダブル定額
http://www.au.kddi.com/mobile/charge/list/double-teigaku/

SoftBank パケットし放題Sなど
http://www.softbank.jp/mobile/iphone/price_plan/packet_lte/
http://www.softbank.jp/mobile/price_plan/smartphone/packet_lite_smart/

今見て改めて気づいたこと、以前は各社ともにかなりゆるやかな傾斜で、あまり使わなければ安く済みますよ、使った月も定額で安心ですよ、というものだった。しかし現実には「ゼロか全額かの二択」に限りなく近く、店舗での購入条件に応じた有料コンテンツを2つほどつける操作をしてもらっただけで、バケット定額の上限に到達してしまった。

実際、普通の携帯でかつiなんとかとか預かりなんとかとか外して、かつメールに気を付ければ、この傾斜でもある程度コントロールすることはできる。私の携帯電話で利用している回線も毎月のパケットはほとんど使わない。
それがスマートフォンだとただブラウザ開いて何画面か操作しているだけでのぼりつめてしまうわけだ。

だから、この中ではソフトバンクの傾斜がもっとも現実に即しているように見えた。

現在そうなっていないものをあれこれ言っても仕方ないが、パケット料金の単価はそろそろ見直してもらえないだろうか。1パケット0.2円。最大利用料7GBとして、58,720,256パケットと考えると、なんと1,174万円?これがフラットに申し込むと5.985円とかになるわけで、ざっくり1/1962ですか。

他の買い物とかでそんなに値段が変わるものなんてそうないのではないかしらと。ただし賭け事以外で。

そんな料金システムだから、使わなきゃ孫損、という考え方になる一面もあるんじゃないかしらと。
そういう意味ではもう少し妥当な線での従量制料金にすることが、ひいては通信事業者にとってもメリットになると思うのですが、とりあえずあまり使わん奴からも満額取っとけ、みたいなノリで料金徴収するあたりに、あくどさを感じてしまいます。

スマートフォンに機種変更しました

カテゴリ:
DSCN0131
docomo P-04D、ELUGAと名乗る前のモデルです。
姉妹機がdocomo Disney Mobileとして発売された機種になります。

P-04D
http://panasonic.jp/mobile/docomo/p04d/

このスマートフォンを選んだ理由は3つ。

1, 薄くて軽い
2, 月々サポートが割と多くついてくる
3, N撤退、Pも次期モデル見合わせとの噂がある

お店の人も何を好き好んでこんなの買うんだ、みたいな感じでした。
バッテリ着脱できないことやボタンの配置など懸念点を次々と述べておられましたが、私もそのあたりある程度割り切ってますから、問題ないんですけどね。

むしろmicroSDを本体内に収容できないことの方がガッカリだったり。

最近のスマホは5インチクラスの大画面、バッテリー容量も増えて大きく重くなりがちなので、薄くてコンパクトな感じはちょっといいかもです。LTE対応していないのは、仕方ないかな。ただ私としては、この回線はFOMAで留めておきたいのでむしろ好都合だったりします。

...しまった、OS2.3.5のままだった。4.0.4に上げるか、それとも今日はGalaxy Noteの方を先にやるか...

MDR-1Rを買ってみた

カテゴリ:
DSCN01451,980円のヘッドホンに満足できず、ちょっといいものを買ってみたくなりました。






SONY MDR-1R
http://www.sony.jp/headphone/lineup/series/mdr-1r.html


実はこの前にMDR-XB600を買ってみたのですが、私には少しばかり重低音が強すぎ。
そこでもう少し上を見て、買い換えた次第。

とはいえ、BTやNC付きはかなり高価。なので素のベースモデルにしました。
定価は3万円しますが、実売価格はネット通販だと半値近くにまで下がっています。
今回は商品券での購入が前提なので、店舗で買うことに・・・しかし。

無いのです。お店に。

地元にある家電量販店はB、Y、E、K、そしてもひとつK。
一通り探しましたがどこにもありません。結局福岡まで足を延ばして無事購入。
余談ですがビックカメラは「絶品ヘッドホン」という冊子を500円で販売していて、中のクーポンを使えば1000円引き。(ヘッドホンの価格によっては2000円引きもあり)一手間かけると500円安くなりました。

肝心のヘッドホンは、、、素人の私があれこれ言っても説得力もないですが、これ、いいです。
専門的なことは知識がないので言えませんが、今まで聴こえなかった音が聴こえてくる感じ。それと耳が疲れにくいかな。

最近買ったものの中でも、かなり満足度高いです。

DCIM0007








カテゴリ:
auスマートバリューのことです。
スマートバリューは指定のインターネットサービス、および電話サービスに入っていると、auスマートフォンの料金が2年間の間毎月1,480円、その後も毎月980円安くなります。

固定と電話と移動通信をセットで入れば安くなるということですね。

確かに毎月1,480円の割引はとても魅力的に感じます。
反面、固定や電話で対象外の場合、つまりフレッツや他のブロードバンド契約、または固定通信サービスに加入していない人からみれば、割引を受けられない分だけ「割高」に感じてしまう面もあります。

ただし、auは他社より端末価格が低めに設定されているように見えます。
現在スペックなどで完全に比較できる端末が少ないのですが、ハイスペックなXperia ULやHTC One Jでも6万円台半ばから後半です。ドコモのGalaxy S4あたりは8万円を超えますし、ソフトバンクは9万円します。

ちょっと細かいことを言うと、今ドコモショップでスマホを買うと頭金が1.5万円程度乗せられるので、Xperia Aで9万円程度になっていたりします。一時期ソフトバンクの頭金で話題になりましたけど、ドコモの頭金はあまり語られていないような気がします。おそらくショップでお買い換えの方は財布が厚いからさほど気にもならないのでしょう。

今や通信事業者はいずれも実質価格(実質負担金)を前面に押し出し、さも2万円~3万円程度で買えるような表記をしていますが、これもソフトバンクが割賦販売を始めた頃は非難されていたようですが、今となっては他社も似たり寄ったりということでしょう。
docomo https://www.mydocomo.com/onlineshop/home/index.html
au http://auonlineshop.kddi.com/top/CSfTop.jsp
SoftBank http://online-shop.mb.softbank.jp/

ここで困るのは2年を待たずに買い換えを迫られる場合。買い換えたり解約すると通信料の割引が消滅するので、端末価格が安い方が負担も少ないのです。そのあたりも勘案して購入を検討すると、auの価格が良心的に見えてきます。

折角ならSIMロック解除とか、MVNOとか始めていただけると、なおよいのですけどね。

現状auやソフトバンクの端末は、割安なMVNO(いわゆるイオンSIMなど)を利用する方法がないので、副次的な利用価値という点で見劣りするところがあります。このあたり広がりが出てくると、もっといろいろ楽しめるなと。

孫さんや宮川さんも文句ばかり言うより、もっとこういうところに手を広げていただけないかな。

カテゴリ:
GoogleからAndroid4.3がリリースされたので、Nexus7やGalaxy Nexusに降ってくるかと期待してますが、残念ながらまだ今のところきていません。

ならばデベロッパーサイトからダウンロードだ! ということで現在ダウンロードしてるところです。
はてインストールしている余裕はあるかしら。明日も明後日も忙しいので。。

追伸 昨夜インストールしたまま寝てしまいました。ちょっと触ったけどまだそんなに違いは??

このページのトップヘ

見出し画像
×